iPhone修理用パネルの品質差とは?

【修理用パネルの品質差?】
こんにちは。iPhone修理のYUUGAです。
iPhoneを落として割ってしまい修理をしたい。そんな時に気になるのは修理費用と品質ですよね。
今日は品質について、少しご案内いたします。

iPhoneの修理用パネルは大きく分けて、
1.純正同等
2.コピーパネル

の2つに分かれています。
そしてそれぞれの中にも細かい違いなどがあります。

純正同等パネルと呼ばれるパネルには、機種にもよりますが、概ね下記のようなものがあります。

①再生パネル
これは、液晶損傷がなく、ガラスだけ割れたパネルを回収し、特殊な機材を用いてリサイクルしたパネルです。液晶が純正のものとなりますので、非常に高品質と言えます。一つ懸念をするとすれば、長く使われていた液晶の場合、液晶焼けを起こしているケースがあるという点です。

②Incellパネル(インセルパネル)
これはほぼ純正に近い液晶を用いて、ゼロから作ったパネルになります。完全なる新品ですので、液晶焼けもなく、ほぼ純正に近いパネルとなります。

次にコピーパネルですが、これも細かく以下のようなものがあります。

③軟質有機ELパネル
iPhoneXやXsなどは、過去のiPhone8などに使われていた液晶材質と異なり、有機ELで作られています。
このパネルは、純正と同じように有機ELで作られた高品質なパネルとなります。

④硬質有機ELパネル
③と同様に、有機ELパネルで作られたものですが、有機ELそのものにも品質差があり、若干故障しやすい(液晶が映らなくなったりする)ものです。

⑤LCD液晶パネル
上記でご説明した通り、iPhoneXなどは有機ELで作られていますが、それまでのiPhone8などに利用されていたLCD液晶を使って作られたパネルです。
難点は、電池の消耗が激しい点と、色味がたまにおかしなことになる点です。

⑥プレミアムコピーパネル
iPhone8より前のパネルとなりますが、コピーパネルの中でも比較的高品質なものとなり、色味なども純正に近づけてあります。

⑦通常コピーパネル
比較的に安価ですが、色味やタッチ精度などが純正とはだいぶ異なるパネルです。

このように、一口にiPhoneの修理と言っても、色々なパネル品質があり、
その品質差はかなりあります。
金額だけでなく、品質にも注意していただきたいと思います!
お店のスタッフに聞いてみてくださいね。

ではまた!

iPhone修理のYUUGA
〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-27-5
魚菜エステートビル1F
03-5726-9714

関連記事

  1. phone修理YUUGA_機種別修理

    iPhoneの機種別強制再起動の方法

  2. iPhone修理YUUGA_水没

    iPhone水没によるスピーカー損傷の復活方法

  3. 壊れたApple純正Lightningケーブルの無償交換方法

    壊れたApple純正Lightningケーブルの無償交換方法…

  4. iPhone修理YUUGA_水没②

    iPhoneが水没した時の正しい対処法と間違った対処法

  5. iPhone修理YUUGA_ホームボタン修理

    iPhoneのホームボタンが反応しなくなったときの対処法

  6. iPhone修理YUUGA_パネル

    iPhoneの画面が割れた時の対処法~修理用パネルの品質とは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA