iPhoneの画面が割れた時の対処法~修理用パネルの品質とは~

iPhone修理YUUGA_パネル

こんにちは!

iPhone修理のYUUGAです。

 

iPhoneのガラスが割れた時や液晶がおかしくなった時、

皆さんはいくつかの修理店を調べて問い合わせてみるかと思います。

その時に重視するのは価格でしょうか?早さでしょうか?品質でしょうか?

あるいはスタッフさんの知識量や対応の良さでしょうか?

 

もちろん、どれも重要なのは間違いないと思いますが、

ここで伝えたいのは「良いものはそれだけの価格がする」し、「超激安で高品質は存在しない」ということです。

 

「iPhoneは割れやすい」

「落としたらすぐに割れる」

 

このような声をよく聞きますが、その通りだと思います。

 

iPhoneは落としてしまうと画面が簡単に割れてします。

iPhoneに限らず、スマホのガラスは非常に割れやすいです。

 

ちょっとした不注意がもとで画面にヒビが入ってしまったり、

画面が割れて液晶が動かないときはどうすればいいでしょうか。

 

今回はこんなテーマで幾つか紹介していきますので

ご参考までに!

 

まずは対策

 

iPhoneには必須とも言える

「iPhoneケース」などの守るものをつけることです。

 

保護フィルムやiPhoneケースを使用することにより

落とした時の衝撃を多少たりとも和らげられます。

 

また、勘違いしている方も多いと思いますが、

保護フィルムはあくまでも画面を傷から守るためのものとなります。

 

いくらガラスフィルムが頑丈であるとは言え、

落としどころが悪ければiPhoneの画面は簡単に割れてしまいます。

 

ただ、やはりフィルムも何も付けないよりは

付けておいた方が安心ですね。

 

次に、画面が割れてしまった時の対応について

幾つか紹介していきます。

 

もしも・・・の時のために

覚えておいてください。

 

割れたままの使用を控える

 

電車の中で、画面を割れたまま使っている方をよく見かけますが

触れているのは“割れたガラス”です。

 

もちろん、小さな破片で指を切ってしまったりもしますが

その小さなガラスの破片が指に付着し、

その指で目をこすったり、顔をこすったり・・・

 

想像するだけで恐ろしいです。

 

また、割れたガラスのタッチにより、iPhone本体には通常よりも多くの情報量が伝わっていることになります。そのため、情報のオーバーフローにより、iPhone本体のソフトウェアがパンクして起動障害を引き起こす原因ともなります。

 

危険ですので、割れたままの使用は控えましょう。

 

データのバックアップを取る

 

自分の大切なデータは自分で守りましょう。

 

「別に使えるからいいや」なんて割れたまま使用していると

ある日、急に画面が真っ黒になって使用不能になることも十分に考えられます。

 

もしもの時のためにデータのバックアップは

常日頃から取っておくことをオススメします。

 

修理する

 

ここまでの説明でわかったかもしれませんが

iPhoneの画面が割れたまま使用することのリスクが大きいことに気付いたかと思います。

 

「iPhone 修理」でググると

たくさんの修理屋が出てくると思います。

 

いろんなお店がある中で

「時間がないから近くのお店ですぐ直したい」

「安いに越したことはないだろう」

各々の事情に合わせたお店選びがあると思います。

 

そこで気を付けていただきたいポイントは

使用しているパーツの品質です。

 

もちろん、安いに越したことはないと思いますが

今後も継続的に使用していくためには

品質にもこだわらなければいけません。

 

ただ、お店が使用しているパーツの品質は

実際に見分けるのは難しいのが現実です・・・

でも、安くて高品質パーツ使用!ってお店は

矛盾していることは確かです。

 

「安かろう悪かろう」で後悔はして欲しくないです。

 

純正パネルを使用しての修理!?

 

たまに、「純正パネルを使って修理します」とうたっている修理店を見かけます。

 

はっきり言ってかなり怪しいです。

というのも、修理用パネルに純正など存在しないからです。

厳密にいえば、下取りしたiPhone本体を分解して外したパーツを使用して修理することもありますので、存在しないわけではありませんが、それほどたくさん入荷できるものでもありません。

 

そういった修理店はアップル社の商標権を侵害している可能性が高い、または虚偽の宣伝をしている可能性が高いため、避けた方が良いでしょう。

 

修理用パネルの品質

 

ここでやっとこのコラムの最終目的である、

「修理用パネルの品質」についてです。

 

iPhoneの修理用パネルは、まず大きく2つに分かれます。

それは、「再生パネル」と「互換パネル」です。

 

「再生パネル」とは、

ガラスが割れたのみで液晶に不具合はないパネルを、

特殊な機材・工具等でガラスだけ載せ替えたパネルのことで、

ガラス以外は純正と言えなくもありませんが、商標権の問題から、純正とは口が裂けても言えません。

 

「互換パネル」とは、

いわゆるコピーパネルのことで、iPhone本体に装着したときに動くように設計された、iPhoneパネルを真似して作られた互換性のあるパネルです。

 

そして、この2つのうち「互換パネル」の方にはさらに細かく品質段階があります。

世代によって異なりますが、5段階程度あると思って良いでしょう。

 

この互換パネルの品質差・価格差もかなりのもので、

高品質パネルは価格も高く、低品質パネルは激安なのです。

 

当然、低品質パネルを使用しての修理は比較的安く行うことが可能ですが、

修理後に、「画面が映らない」「タッチが効かない」「明るさ調整できない」「フリーズする」、

iPhone7やiPhone8なら「applepayが使えない」などの不具合が頻発します。

 

さらに困ったことに、

低品質パネルはケーブル端子の大きさが微妙に本物とは違ったりしていて、

iPhone本体側の端子を傷つけてしまうことがあり、

万が一そうなった場合、他のパネルに再度交換しても、

もう改善しないということがあります。

 

(「初期不良パネルは保証修理します」とか言っておいて、激安店なんかはこうやって本体を傷つけてしまうことがあり、そんなときは「これは本体の問題なので保証外です」と言われてしまうことがあるようです。要注意です)

 

修理店選びの際は、パネルの品質と価格のバランスをよく見られてお選びください!

 

それでは、また!

関連記事

  1. 壊れたApple純正Lightningケーブルの無償交換方法

    壊れたApple純正Lightningケーブルの無償交換方法…

  2. iPhone修理YUUGA_水没

    iPhone水没によるスピーカー損傷の復活方法

  3. iPhone修理YUUGA_水没②

    iPhoneが水没した時の正しい対処法と間違った対処法

  4. iphone修理_パネル

    iPhoneの画面が映らなくなった時の対処法

  5. phone修理YUUGA_機種別修理

    iPhoneの機種別強制再起動の方法

  6. iPhone修理YUUGA_ホームボタン修理

    iPhoneのホームボタンが反応しなくなったときの対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA